1837.jpg

田也とは

 

私たちと同じ、三重県で福田力也氏(は約20年間、生食葡萄を中心に葡萄栽培をされてきました。

このワインはその大切に育てられた葡萄を100%

使用して造ったワインです。

​福田さんは「なんでも、まずは挑戦しなさい」という、祖父の言葉の元、元々は生食用に出荷していた葡萄の木々たちを、数年かけて、ワインのために仕立て直し、今も試行錯誤をくりかえし栽培されております。

​生まれ育ったお家は元々葡萄園であり、氏の祖父が

集落の仲間と始めたのがきっかけで、集落は地域でも有名な葡萄栽培地となりました。

ゆくゆくは祖父の葡萄園を継ぐことを考えながらも、柔軟な祖父の考えの元、まずは大阪で就職し、社会経験を積んでおられました。

そんな中、祖父から「地元でぼちぼちやってみないか」と声をかけられた事をきっかけに家業を継がれました。

葡萄栽培は思った以上に奥深く、剪定等、葡萄達との対話が重要との信念のもと祖父の教えを胸に、20年葡萄栽培をつづける熟練栽培者ですが、今も葡萄を管理するのではなく葡萄と対話しながら、葡萄の声に耳をすませながら作業に取り組まれております。

 

醸造について

コクのある甘みと、2019と比べると酸みがすこし現象していましたが、食味もすばらしく葡萄達でした。

改めた福田さんの技術の高さを感じました。

 

2020年は昨年と同様に醸造はシンプルにマセラシオンカルボニックを採用しました。

抽出は比較的に長めにとり、14℃のセラー内で比較的低温でじっくり発酵させました。

香りは、焦げたイチゴと少しハーブの甘い香りに、ピュアな若い酸とフレッシュな果実味が心地よい飲み口の

​ワインに仕上がっております

​商品情報

商品名/田也2020

容量:750mlブルゴーニュタイプ(総数120本) 希望小売価格3500円(税別)

葡萄/マスカットベリーA

アルコール度数/10.8%

葡萄栽培地/三重県名張市

農法/慣行栽培

栽培者/福田力也(福田ぶどう園)

醸造方法/マセラシオンカルボニック

0