S__25837570.jpg

En Este Cabo Crecen Buenos

Menblillos

頑固一徹、鉄人生産者

このワイン、「En Este Cabo crecen Buenos menbrillos (以下menbrillos)」は山形県のN氏によって栽培された、白用醸造用品種100%で造っています。

N氏はお父様の代から役30年間、醸造用品種のみで葡萄を生産されており、畑は山形県山形市から30分ほど南に車を走らせた場所にあります。

土質は花崗岩、変成岩がベースとなり、水はけがよくやせ型の土質で、葡萄にとっては、低栄養素の過酷な状況で根を伸ばし、そのため鍛え抜かれた、素晴らしい品質の葡萄を宿します。

また、畑は南向きの急こう配の斜面になっており太陽の光がしっかり、葉の隅々まで降り注がれる地形になっております。

「ヨーロッパに負けない日本でしかできない醸造用葡萄を目指す事」をテーマに、しっかりした収量制限と、ぶどうにあった樹冠での管理、また光合成をしっかり行えるようにビニール被覆をせず、路地、x字仕立て、短梢一文字仕立てと木の樹勢にあわせた、管理、緻密な新梢整理にて無駄なく葡萄達がしっかり太陽光線エお浴びて育つように栽培をされております。

また収穫に関しましても、しっかり完熟させるため、房全体でなく、畑のすべての房の状態をチェックし、人間の決めるタイミングではなく、焦らず最良の時期で収穫します

 

農薬に関しましては、有機、自然という概念はなく、一部化学農薬を使用されていますが、散布回数は極端に少なく、農薬はポイントのみの使用で、長年の経験を活かし、葡萄の気持ちによりそった、丁寧な栽培を心掛けておられます。

 

今年、2019は雨の影響もあってとても難しい年になりましたが、熟練の技術により糖度20度Ph3.5と昨年よりやや控えめながらバランスの良い葡萄に仕上がっておりました。

 

醸造に関しまして

今回は2018年ヴィンテージと比較すると、長雨の影響もあり、やや若く酸が前面に押し出た印象がありました。

醸造は前回と同様にオーソドックスにシンプルに。

今回はホールパンチではなく除梗をしてから圧搾、その後デブルバージュをし綺麗な上澄を14℃のセラー内にて発酵させました。

主発酵はゆっくり進行し、およそ1か月間でおわり、微弱な発酵が2020年6月までありました。

発酵、熟成も含めて澱引きは一切せず、ステンレスタンク100%で2020年9月に瓶詰しました。

 

来は年末にリリースを予定しておりましたが、抜群の出来でしたが、、瓶詰め直後から

弊社最大の課題である抜栓初期のマメ香が出現してしまい、毎月テイスティングを重ねようやく落ち着いてきたのを確認し、

本日リリースすることにしました。

ししかしながら、1400本すべてをチェックはできない事、また弊社セラーが許容量を超えてしまい、21年の醸造スペースを確保しなければいけない事を理由に

今回リリースすることになりました。

このような事由もあって、できればすぐ飲まずに少し(あと半年くらいは。。。)待ってほしいという意味も込めて本来の価格よりも

販売価格を下げてのご案内となります。

味わいは優しい酸を主体にレモン、ハチミツ、ミントとスパイスのきいた香り、口に含むと柔らかい酸が口ぜんたいをやさしく包み込みます。

複雑性があり、様々な変化をお口の中でお楽しみ打た抱けると思います。

できるだけ冷やしてお飲みいただければより一層お料理とお楽しみいただけるかと思います。

  商品情報

 

商品名 En este cabo crecen buenos menbrillos2019

(こちらを頑張って変換解読すると生産者の名字になります)

 

品種:シャルドネ

 

醸造方法:ホールパンチプレス➔デブルバージュ➔澱引き➔ステン貯蔵

瓶詰め日時:2020/9/12

葡萄糖度:20.5度

アルコール度数:11.3度

内容量:750ml

生産本数:1436本 

小売り希望価格:2545円(税抜)